お知らせ

トピックス

14.7億円必達「全力で」
~びほく農協ぶどう出荷進発式~

がんばろうコールをする関係者

がんばろうコールをする関係者

撮影日:令和元年8月30日  撮影場所:高梁市津川町

 全国屈指の「ニューピオーネ」の産地、JAびほくでオリジナルブランド「天空の実り」の出荷が本格化しました。JAとぶどう生産部会は8月30日、JA中央ぶどう選果場でぶどう出荷進発式を開きました。部会員・市場関係者ら55人が、販売目標1600トン、金額14億7千万円(うち、ニューピオーネが約9割)の目標必達を申し合わせました。

 主力の簡易被覆栽培した「ニューピオーネ」も8月25日から出荷が始まり、出荷量が増えています。今年は、梅雨入りが遅れたこともあり多少生育が遅れていますが、糖度・酸抜けとも良好。9月中下旬~10月上旬が最盛期と見込んでいます。

 JAでは中国の伝統的な行事である中秋節を迎えるまで香港・台湾への輸出に力を入れます。後半は、新たな取り組みであるシャインマスカットとオーロラブラックの貯蔵ブドウや、氷温ブドウも販売し、12月下旬までの長期出荷で販売していく方針です。

 JA営農生産部の佐倉康之部長は「岡山県のブドウ産地をけん引する確固たる産地とするためにも、関係機関一丸となり、全身全霊で目標必達を目指していく」と力強く宣言しました。

 主要市場との関係強化のため、平山薫代表理事組合長や藤井功雄部会長をはじめ関係者が福岡、東京、大阪市場へトップセールスを展開します。