お知らせ

トピックス

マーケティングや貯蔵販売で新たな取り組みを
~びほく地域ぶどう生産振興協議会~

マーケティングや貯蔵販売で新たな取り組みも決定

マーケティングや貯蔵販売で新たな取り組みも決定

撮影日:令和元年5月27日  撮影場所:高梁市中原町

 びほく地域ぶどう生産振興協議会は5月27日、本店で総会を開き、事業計画や収支予算について協議、決定しました。今年は、「天空の実り」「美王」を活用したマーケティング事業に力を入れながら、新たな取り組みとして、「シャインマスカット」と「オーロラブラック」の貯蔵販売に挑戦する方針です。貯蔵販売は、現在の氷温貯蔵出荷よりもさらに長期出荷を狙う方法として昨年実証試験を行い、今年度本格稼動。黒系ブドウの需要に応える一方で、黒系ブドウが品薄となる時期に、より付加価値を高めて有利販売し、農家所得の向上や面積拡大を図り、将来的には輸出需要にも対応していきます。