お知らせ

トピックス

桃の花贈呈で子どもたちにPR
~びほく農協桃部会~

はっぴーちから桃の花を受け取る園児

はっぴーちから桃の花を受け取る園児

撮影日:平成31年3月1日  撮影場所:高梁市有漢町

 びほく農協桃部会は3月1日、桃の節句に合わせ高梁市内の全幼稚園・保育園、認定こども園の全18園774人に、桃の花を贈りました。同日は市立有漢こども園にJA全農おかやまキャラクターはっぴーちと、部会の小西博一部会長ら関係者8人が訪問し、特産桃をアピールしました。

 ひなまつり会の一環として、全園児76人がはっぴーちと小西部会長らを出迎え。各クラスの代表園児に桃の花を手渡しました。園児は喜び、桃について質問していました。

 次世代を担う園児に桃に子どもの頃から親しんでもらおうと取り組みを始め、今年で4回目。小西部会長は「イベントを通じて地域の人が一人でも多く、子どもや孫のために桃の花を一本でも植えてもらいたい」と期待を寄せました。

 現在89人が約13haで栽培しています。

びほくの桃についてはこちら