お知らせ

トピックス

健康運動指導士から手軽な体操学ぶ
~JAびほく女性部高倉支部~

足の下を、テニスボールを潜らせ隣の人に渡していく参加者

足の下を、テニスボールを潜らせ隣の人に渡していく参加者

撮影日:平成31年1月12日  撮影場所:高梁市高倉町

 JAびほく女性部高倉支部は1月12日、高梁市高倉町でフットバランス教室を開きました。昨年7月の西日本豪雨を受け、支部役員が「自分の身を守るという意味で、健康について考えてほしい」と企画。部員18人がJA岡山厚生連によるフットバランス測定の結果を元に、自分のバランス状態を確認した後、体操を学びました。

 体操は、市内在住の健康運動指導士が、家事の合間でもできるもののほか、全員参加型の体操を指導。全員参加型の体操は、全員で円を組みテニスボールを一人ひとつ使いながら、リズムを変えながら隣の人へ渡していく動作を繰り返すというものです。

 講師は「災害はいつ起こるかわからない中、物の備えも必要だが、カラダの備えもしていかなければならない」と呼びかけました。