お知らせ

トピックス

「天空の実り」を仲卸やバイヤーが視察
~JA中央ぶどう選果場~

圃場を訪れ生育状況などを確認する市場関係者

圃場を訪れ生育状況などを確認する市場関係者

撮影日:平成30年9月14日  撮影場所:高梁市有漢町

 JAびほくは9月14日、福岡県の卸業者、仲卸業者、バイヤーらの産地視察を受け入れました。市場関係者は、びほくの「ニューピオーネ」である「天空の実り」が色彩選抜カメラで選果される様子や、ほ場での生育状況を確認。出荷が本格化し出荷量が徐々に増加しているJA中央ぶどう選果場を目の当たりにした市場関係者は、「物量に圧倒された上に、妥協を許さない厳しい選果は他産地とは別格」と驚きを隠せませんでした。

 高梁市有漢町内の圃場では、他産地との栽培方法の違いや、今後の販売戦略について意見を交換。食味についても「色付きもよく、糖度が十分にある」と確信し、「ここから先は、市場がいかにして販売していくかが鍵となる」と有利販売に向け、決意を新たにしていました。

 JAとしては、産地視察を通じて「天空の実り」「美王」の魅力や強み、今後の取り組みを直接、仲卸やバイヤーに伝えることで、産地としての信用度を高め、有利販売につなげていく方針です。