お知らせ

トピックス

免疫力を高めて夏を乗り切る
~女性部津川支部~

JA岡山厚生連講師(中央)から牛乳もちの作り方を学ぶ部員

JA岡山厚生連講師(中央)から牛乳もちの作り方を学ぶ部員

撮影日:平成30年7月2日  撮影場所:高梁市津川町

 女性部津川支部は7月2日、高梁総合センターで料理教室を開きました。部員15人が、体調を崩しやすい夏を乗り切ろうと、JA岡山厚生連講師から免疫力を高めるレシピを学びました。旬の夏野菜を取り入れるとともに、脂肪分の少ないたんぱく質が効果的であるとして、鶏のむね肉や牛乳などを使い、鶏むね肉のラビゴットソースがけ、レタスとトマトの卵スープなど5品を調理。『家の光』に掲載されている牛乳もちにも挑戦し、「牛乳でおもちみたいなデザートを作ったのは初めて」と部員は驚いていました。

 講師は、「免疫力を高める食材にミョウガなど香りの野菜を加えることで、より食欲をそそる食事になるので、バランスよく日頃から取り入れてほしい」と呼びかけました。