お知らせ

トピックス

薬膳とヨガで他JAフレミズと交流
~女性部フレッシュミズ~

薬膳講座で舌の状態を確認する参加者

薬膳講座で舌の状態を確認する参加者

撮影日:平成30年6月12日  撮影場所:真庭市上水田

 女性部フレッシュミズは6月12日、真庭市の北房文化センターで「ヨガと薬膳でセルフメンテナンス」と題し、初めてJAまにわ女性部フレッシュミズ部会と合同で活動しました。会員ら16人が、ヨガで汗を流した後、薬膳講座を受講。JA岡山県女性組織協議会フレッシュミズ部会で副部長を務める、JAびほくの池永京子会長、JAまにわの柴田晴江部長が、互いの会の活性化とJAの枠を越えた交流を深めようと企画したものです。

試食した薬膳茶と薬膳菓子

試食した薬膳茶と薬膳菓子

 とりわけ薬膳講座では、今回薬膳について座学で知識を深め、11月中旬に再度2JAフレミズ合同の活動として実際に調理を学び、家庭での実践につなげたい考えです。県内外で薬膳インストラクターとして活動する篠原奈緒さんを講師に迎え、梅雨を楽しく過ごすための食材の活用法などを学びました。篠原講師は、「ゆっくりとカラダのことについて考えてもらいたい。帰ってからも少しずつ薬膳を取り入れてもらいたい」と呼びかけました。参加者は「健康や美容についてとても興味がある上、他のJAフレミズと一緒に活動できて、良い刺激になった」と喜びました。

 池永京子会長は「JAは異なるが同じ真庭市で活動しているので、交流しやすい。今後も交流を深めることで、会員の生活が豊かなものになるようにしていきたい」と抱負を述べました。