遠藤正さん最優秀賞~平成29年度びほく地域芍薬共進会~ | トピックス | JAびほく

お知らせ

トピックス

遠藤正さん最優秀賞
~平成29年度びほく地域芍薬共進会~

審査項目を確認する審査員ら

審査項目を確認する審査員ら

撮影日:平成29年5月19日  撮影場所:高梁市津川町

 JAびほく花木生産部会は5月19日、JA高梁総合センターで今年度のびほく地域芍薬共進会を開きました。今回は9品種46点(うち「華燭の典」23点)と過去最高の出品点数が集まり、審査の結果、最優秀賞の高梁市長賞に「華燭の典」を出品した高梁市中井町の遠藤正さんを選びました。

 約40年前から水田転作作物としてシャクヤクが導入されたJA管内は、中国地方最大のシャクヤク産地。出荷がシーズン終盤に差し掛かっています。昨年より約1週間遅く5月2日に出荷を迎え、関西・岡山方面へ出荷しています。

 今年は3月の冷え込みなどの影響もあり出足は遅れたものの、大型連休頃から気温が上昇し生育が急速に進み、5月中旬には年間出荷数量の約4割に相当する日量2万本を超える出荷がありました。栽培地も広がりを見せ、当初JA管内でも高梁市内の生産者のみでしたが、近年では賀陽や北房地区にも広がっています。

 共進会には、備北広域農業普及指導センターなど関係者ら約10人が参加し、花のバランス、草丈、病害虫などについて総合的に審査しました。

 JA担当者は「共進会を通じ生産意欲高揚を図ることで、さらなる安定出荷に結び付けていきたい」と話しました。

 なお、最優秀賞以外の成績優秀者は次の通りです。
▼優秀賞(岡山県備中県民局農林水産事業部長賞):森 明士さん(高梁市落合町)
▼優秀賞(全国農業協同組合連合会岡山県本部長賞):森田 玉栄さん(高梁市宇治町)
▼優秀賞(びほく農業協同組合長賞):東 洋子さん(高梁市松原町)

最優秀賞に輝いた遠藤さんの芍薬

最優秀賞に輝いた遠藤さんの芍薬

びほくの芍薬についてはこちら