お知らせ

JA役員のお部屋

迎春 謹んで初春のお慶び申し上げます。

 新年あけましておめでとうございます。

 組合員・利用者の皆様には、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は、当組合の事業全般にわたり格別なるご支援・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、昨年の農産物生産販売状況は、8月以降の台風、暴風、記録的な大雨等による天候不順は、それまで順調に推移しておりました農作物の作柄に大きく影響を及ぼしました。生産者の皆様にとっては、栽培管理に苦労の多い年だったと思います。ブドウ、トマトをはじめとする当管内の基幹作物についても、販売単価・生産量両面において多大な悪影響を及ぼし、大変厳しい年となりました。本年が天候に恵まれ、農業生産にとって良い年になることを心より願っております。

 JAをはじめとした組合員・農業・地域は、人口の減少、少子高齢化の進行、農業就業者の減少、これに伴うJA組織基盤の脆弱化、また信用・共済事業の分離、准組合員利用規制等の規制改革推進会議からの提言などにより、大きな危機に直面しています。

 このような状況に対し、JAは、県内で農業生産に取り組む組合員がより良いサービスを受け、希望をもって農業が続けられる環境を維持していくことを責務に、これからも農業所得の向上と地域社会への貢献に取り組んでいかなければなりません。

 組合員・地域みなさまのニーズに応え、その責務を果たすため、令和2年4月1日をもって県域8JAで合併し、歩みを共にいたします。わたしたちはこの合併を契機に、改めてJAの原点を見つめ、その本質を正しく理解したうえで、ピンチをチャンスに転換するための自己改革を継続的に実践します。

 組合員・地域・そして役職員みんなが元気になる農業・地域の創造を目指して、JAの人材や資金、施設・情報の経営資源の集中と適切な再配置、地域に適した農畜産物の生産と有利販売などを通じて、全力で農協運動に取り組みます。

 JAは、協同組合理念(共存共栄)により相互扶助・共助の精神で組合運動・運営を行う民主的な自主組織です。まず経営者が先頭に立ち、JA系統組織すべてにおいて変化に対応した自己改革を実践しなければならないと考えております。

 本年は「JA晴れの国岡山」誕生の大きな節目の年となります。農業振興をはじめ組織・経営基盤の確立等々、新生合併JAの未来を見つめ、元気で活力あるオンリーワンのJAを目指します。今後も、円滑なJA運営に役職員がワンチームとなり取り組んで参りますので、一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げますとともに、皆様方のご健勝とご活躍をお祈り申し上げ、新年のご挨拶と致します。

代表理事組合長 平山 薫

代表理事組合長 平山 薫