お知らせ

JA役員のお部屋

日米貿易交渉は第2段階へ

 安倍首相とトランプ大統領は、9月25日(日本時間で26日)にニューヨークで会談し、日米貿易協定の最終合意がなされました。

 安倍首相は「両国にとってウインウインの合意だとして交渉は成功した」と言っていますが、果たしてそうでありましょうか。

 確かに米については除外されるなど、TPPの水準を上回ることはなかったわけでありますが、この合意は昨年9月の日米共同声明に沿った対象品目に限定された「部分的な合意」に過ぎません。今後、第2段階の日米貿易交渉やTPP参加国との見直し協議など、さらに厳しい交渉を余儀なくされるものと思われます。

 また、期限の迫っていた最大の対米輸出品目である自動車・同部品の日本に対する輸入制限措置については回避することができましたが、今後の交渉次第では再度その措置が発動されるという懸念も残っております。

 ただ、前にもこのコーナーで申しましたように、貿易交渉の材料として、今後も農産物を差し出し続けるのだけは控えていただきたいものであります。

常務理事 中村 正義

常務理事 中村 正義