お知らせ

JA役員のお部屋

全員参加、全員主役の自己改革を

 現在JAグループでは、平成28年4月の農協法改正に伴い、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に向け自己改革に取り組んでいるところです。そもそもこの一連の農政改革は、農業関係者が一人も入っていない企業人だけで構成された規制改革推進会議の提言が火付け役となり、官邸主導で推し進められてきました。その主たる目的は、企業が農業分野に参入しやすい環境を作ることにあり、政府は日本の農業や農業者のことを真剣に考えているのか疑わしいものがあります。

 またこの改革の内容も、農業は大型化と近代化をすることで成長産業として位置づけられるという見方でありますが、JAびほくの管内は、中山間地域で家族経営の小規模な農家が地域を形成しているのが実情であり、政府の方針は地域の崩壊にも繋がりかねないと危惧してやみません。

 本来、協同組合は自主自立した民主的運営を基本とした組織でありますので、「出資者」であり、「利用者」であり、「運営者」である組合員の声を真摯に受け止め、組織や事業運営に生かしていくことが真の自己改革です。

 全員参加、全員主役で自己改革を完遂しようではありませんか。

常務理事 中村 正義

常務理事 中村 正義