お知らせ

JA役員のお部屋

災害で感じる協同組合理念

 この度の平成30年7月豪雨により被災されました皆様に、衷心よりお見舞い申し上げます

 JAといたしましても、一日でも早い復興に向け、全力を挙げて支援させていただきます。

 奇しくも今から46年前の昭和47年7月、西日本を中心に豪雨に見舞われ一夜にして壊滅的な被害を受けましたが、「災害は忘れた頃にやってくる」と言いますように、日頃から防災に対する認識を維持していくことの重要性を改めて痛感させられました。

 また今般、南海トラフ地震が何時発生してもおかしくないと言われる中、「自分たちの住む地域は自分たちで守る」心構えが必要です。

 このことは、協同組合の理念であります「共存同栄」、「相互扶助」に相通じるものがあります。

 今JAは、政府主導により自己改革を強要されておりますが、本当の意味でのJAの真価を問われる時であります。

 JAびほくは、組合員・利用者の立場に立ち、そして地域に寄り添った改革を実践してまいりますので、今後も一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 

常務理事 中村 正義

常務理事 中村 正義