お知らせ

ニュースリリース

びほくのぶどう「ニューピオーネ」出荷進発式

■日時
2019年8月30日(金)
午前9時30分~/約1時間~1時間半程度

■場所
JAびほくぶどう中央選果場/
高梁市津川町今津873-1

  • *現在の木野山主幹支店・高梁総合センター・グリーンセンターと同敷地内。
  • *駐車場が満杯になることが予想されます。早めにご来場ください。

■主催
びほく農協ぶどう生産部会・JAびほく

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 今年産の出荷・販売好調を願い「令和元年度びほく農協ぶどう出荷進発式」を開催します。

 JAびほく中央ぶどう選果場と西部ぶどう選果場での2大選果場体制のもと、着色度を機械的に数値化することで、検査員の個人差や、平均着色度に影響されない等級判別をし、選果の高位平準化で妥協を許さない選果をしています。

■内容

  • 別添の通り。来賓、関係機関者約70名程度出席予定。
    (出席者名簿については当日お配りする予定です)

■部会概要

  • 部会名・・・びほく農協ぶどう生産部会
  • 部会長・・・藤井功雄(ふじい・いさお)
  • 部会員数・・・627人/栽培面積・・・155ha(2019年3月時点)
  • 主力品目「ニューピオーネ」など各種ぶどうを大阪・東京・九州・岡山など全国7市場へ出荷。
  • 「ニューピオーネ」の上位等級は、2015年(H27)から台湾や香港に輸出を展開。
  • 2019年度目標(ブドウ全体)販売数量 1,600t/販売金額 14億7,000万円
  • 2018年度実績(ブドウ全体)販売数量 1,471t/販売金額 14億4,000万円(過去最高)

■今年の生育状況等

  • 初出荷日:2019年7月5日(金)←ハウス栽培/8月25日から主力の露地物が出荷開始。
  • 出荷期間:11月末までの長期出荷。
  • 2019年度は、マーケティング戦略に力を入れ、「天空の実り」「美王」を前面に出した戦略を展開し、加工品開発や冷蔵ブドウなどの新たな取り組みに挑戦し、ブランド力強化していきます。
  • 今年産は、梅雨入りが遅れたこともあり多少生育が遅れ小粒傾向であるが、糖度・酸抜けとも良好。9月上旬には全地区で出荷が始まり、最盛期は9月中下旬~10月上旬となる見通し。

お問い合わせ先

 びほく農業協同組合 営農生産部園芸課 課長補佐 継山仁之 080-2944-5656

令和元年度びほく農協ぶどう出荷進発式次第

開催日時:令和元年8月30 日(金)午前9:30~
開催場所:JAびほく中央ぶどう選果場

  1. 1.開会
  2. 2.挨拶   びほく農業協同組合 平山組合長
    びほく農協ぶどう生産部会 藤井部会長
  3. 3.来賓挨拶 備中県民局農林水産事業部
    高梁市
    全農岡山県本部園芸部
  4. 4.令和元年度出荷計画について 営農生産部
  5. 5.市場挨拶 大果大阪青果(株)
    大阪中央青果(株)
    (株)岡山丸果
  6. 6.試食
  7. 7.がんばろうコール びほく農協ぶどう生産部会 副部会長
  8. 8.テープカット
  9. 9.出発
  10. 10.閉会

ぶどう販売目標

取扱量1,600t 販売kg単価920円 販売金額14億7千万円

(ピオーネ販売目標:取扱量1,350t 販売kg単価890円 販売金額12億円)