お知らせ

ニュースリリース

ハウス栽培「ニューピオーネ」出荷開始~びほくのブドウが今年もいよいよ始動します!~

■集出荷場:JAびほく中央ぶどう選果場

 場所:岡山県高梁市津川町今津872-1

詳しくは左のPDFをご覧ください。

(留意事項)
出荷日が決まっていますので、取材の際は、次の担当者まで必ずご一報ください。
担当者)営農生産部園芸課 課長補佐 継山仁之 080-2944-5656

 JAびほくは、岡山県最大の「ニューピオーネ」の産地。

 今年も、JAびほく管内でハウス栽培した「ニューピオーネ」の出荷が7月5日、始まりました。この出荷を皮切りに、9月初旬に主力の露地栽培した「ニューピオーネ」に切り替わり、12月下旬の氷温ブドウ・貯蔵ブドウの出荷終了まで長期出荷が続きます。

■部会概要

  • 部会名・・・びほく農協ぶどう生産部会
  • 部会員数・・・627人/栽培面積・・・155ha(2019年3月時点)
  • 主力品目「ニューピオーネ」など各種ぶどうを大阪・東京・九州・岡山など全国7市場へ出荷。
  • 「ニューピオーネ」の上位等級は、2015年(H27)から台湾や香港に輸出を展開。
  • 2019年度目標(ブドウ全体) 販売数量 1,600t/販売金額 14億7,000万円
  • 2018年度実績(ブドウ全体) 販売数量 1,471t/販売金額 14億4,000万円(過去最高)

■今年の生育状況等

  • 初出荷日:2019年7月5日(金)(←昨年実績、7月11日)
  • 初出荷量:約180kg(←昨年実績、約280kg)
  • 今年は房流れも例年通りで進み、着色もよく糖度は16~18度と、甘さの中にも程よい酸味がある、味わい深い一品に仕上がった。
  • ハウス栽培は、7月下旬~8月上旬に最盛期を向かえ、盆頃まで続く。
  • 8月下旬から主力の露地物へ切り替わる。
  • 出荷期間:11月末までの長期出荷。
  • 2019年度は、マーケティング戦略に力を入れ、商標登録したびほくのニューピオーネ全体を称する「天空の実り」と上位等級の「美王」を前面に出した戦略を展開し、「“天空の実り”に夢をのせて」という部会スローガンに則り、加工品開発や冷蔵ブドウなどの新たな取り組みに挑戦し、ブランド力強化していきます。

■その他

  • 生産者への取材を希望される場合は、上記担当者までご一報ください。