お知らせ

ニュースリリース

新たな選果設備完成で さらなる有利販売を~JAびほくトマト選果場竣工式・出荷進発式~

■主催:びほく農協トマト部会・JAびほく

■日時:2019年7月8日(月)
午前9時30分~12時00分頃

 場所:JAびほくトマト選果場
〒716-0302
岡山県高梁市備中町布瀬 1657-1

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 岡山県の夏秋トマトの季節となりました。今年は新たな選果設備・予冷施設を整備し、選果ムラの解消とコールドチェーン強化により、従来よりも品質管理を強化したJAびほく産桃太郎トマトを出荷します。

 従って、上記日程で、トマト選果場竣工式・出荷進発式を行いますので、取材お願いします。

■選果場設備概要

 施設整備当初からコールドチェーン対策を講じ品質維持を図っていましたが、市場からは選果ムラ(着色、奇形果など)の低減及びコールドチェーンの強化による店頭での棚もち性向上が求められていました。特にトマトの品温の低減について強い要望があり、近年の温暖化と合わせ既存冷蔵庫の能力では十分に品温を下げることができなくなり、課題となっていました。

 機械選別装置(カラーソータ)の整備により機能向上が図れ、着色判定、階級判定の選果精度が高まり、選果ムラの解消ができます。また、冷蔵庫の空調整備により、予冷温度を一定に下げるとともに予冷時間が保たれ、品温の低減が図られ、コールドチェーン化の強化につながります。

 上記設備を整えることで、品質管理ができたJAびほく産桃太郎トマトの出荷が行え、さらなる産地の差別化と有利販売が行えます。

■当日のスケジュール

  • 別添スケジュールをご参照ください。
  • 参集範囲・・・行政・市場関係者・部会員・関係機関など総勢約70名

■びほく農協トマト部会概要

  • 部会名:びほく農協トマト部会/部会長:仲山潔俊部会長(なかやま・きよとし)
  • 部会員数:72人/栽培面積:12ha
  • 2019年度目標
    販売数量1,200t/販売金額4億1,200万円
  • 品種:桃太郎トマト

お問い合わせ先