お知らせ

ニュースリリース

びほくの夏秋トマトをJICAが視察~びほく農協トマト部会~

■主催:独立行政法人国際協力機構(JICA)

■受入:JAびほく/びほく農協トマト部会

■日時:2019年6月25日(火)
14時00分~16時00分(約2時間)

 場所:JAびほくトマト選果場
〒716-0302
岡山県高梁市備中町布瀬 1657-1

(留意事項)
選果場見学後、びほく農協トマト部会副部会長のほ場へ移動します。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 JAびほくと、びほく農協トマト部会は上記日程で、独立行政法人国際協力機構(JICA)の視察を受け入れます。アフリカ研究員と引率者が夏秋トマトの県内最大産地であるJAびほくを訪れ、選果場と生産現場を視察します。

 「アフリカ地域市場志向型農業振興(普及員)コース」の一環で、JAの視察受入は10年以上になります。4月から半年間、主に茨城県つくば市の研修農場で実習する他、産地視察を通じて栽培技術や販売戦略、JA営農指導員の役割の習得を目指します。

■概要(時間は目安です)

  • 研修員数:ケニア、マラウィ、タンザニア、ガーナ、ウガンダ、レソト、ナイジェリア、南スーダン、ザンビア、ジンバブエ 10カ国 11人
  • 引率者:独立行政法人国際協力機構(JICA)の職員2人
  • 14:00~ 選果場見学(出荷はまだありませんので、機械のみの見学)
    (生産者ほ場へ移動)
  • 15:00~ 生産者ほ場を視察・意見交換
  • *生産者=びほく農協トマト部会、細川潤一副部会長(ほそかわ・じゅんいち)
    高梁市備中町東湯野のほ場では、養液土耕システムや苗の仕立て方などを見学。

■部会概要

  • 部会名:びほく農協トマト部会
  • 部会長:仲山潔俊部会長
  • 部会員数:72人/栽培面積:12ha
  • 2019年度目標
    販売数量 1,200t/販売金額 4億1,200万円

お問い合わせ先