お知らせ

ニュースリリース

JAびほく管内が唯一の産地「夢大納言小豆」
学校給食へ提供

■主催 JAびほく(夢大納言小豆生産部会)・高梁市

■日時 平成31年2月22日(金)
12:35~(約1時間程度)

 場所 高梁市立川面小学校(岡山県高梁市川面町 895/TEL 0866-26-0012)

(留意事項)対象全児童、学校側から撮影許可が下りていますのでご安心ください。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 今年も地元特産品のひとつである夢大納言小豆が、「ぜんざい」になって、給食に登場します。地産地消及び農産物の食育の一環として、市内小中学校、幼稚園及び保育園全33校園への給食食材として2,410食分を提供し、児童生徒たちと関係者が実食します。平成25年度から実施し、今年で6年目になるこのPR事業は、地元のおいしくて安全・安心な食材として次世代を担う子供たちの記憶に留め、夢大納言小豆に親しんでもらうため毎年この時期に開催しています。

■内容

タイムスケジュールは別添資料をご参照ください。

■JAびほく夢大納言小豆生産部会の概要

  • 部会員数及び栽培面積:44人/約2.3ha
  • 主な栽培地:高梁市中井町(県内唯一の産地)
  • 目的:平成18年から栽培し、高齢者の生きがいづくりと遊休農地の活用
  • 夢大納言小豆の特徴
     岡山県が開発した優良品種の小豆で、「新備中大納言」と「京都大納言」を交配して品種登録。
     良質・多収で製餡性に優れ、食味が良い。
  • 市内商工業者からの引き合いも強く、高梁ならではの商品の開発・販売がなされ、収量の半数以上を地元で販売消費し、安定的な販売経路が確保されている。
  • H30年産の作柄は、7月の西日本豪雨やその後の高温少雨の中での播種で発芽不良や初期生育がやや不良となりました。その影響から、例年を下回る集荷数量となる見込みです。

*「備中夢大納言小豆」という名称ではなく、「備中大納言小豆」とも品種が異なりますのでご注意ください。