お知らせ

ニュースリリース

販売金額過去最高14億4,000万円(前年対比106%)を記録!
~平成30年度びほく地域ぶどう生産振興大会~

■主催 びほく地域ぶどう生産振興協議会

■日時 平成31年2月14日(木)
10:00~14:00

 場所 びほく農業協同組合 本店4F大ホール(岡山県高梁市中原町 1383/TEL 0866-22-4555)

(留意事項)当日は、駐車場の混雑が予想されます。交通事故には十分にご留意して頂き、お早目にお越しください。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 びほく地域のぶどうは、中山間地域特有の気象条件と関係者のたゆまぬ努力により県下屈指のシェアを占め、岡山県を代表するぶどうの産地です。
 高品質で安全性の高い産地育成が求められている中、産地間競争に対応できるびほくブランドとして今後も産地体制の強化並びに生産性の向上に努め、一層の生産振興を図り他産地ぶどうよりワンランク上のぶどうを目指し振興大会を開催します。

■びほく地域ぶどう生産振興協議会(構成員)

県民局、市町、農業普及指導センター
びほく農協ぶどう生産部会、全農おかやま、JAびほく

■内容

  • 出席予定者数・・・約180人
    (生産者、県民局、市町、農業普及指導センター、中央会、全農おかやま、農業共済、JAびほく)
  • 平成30年度びほく地域ぶどう共進会表彰式を行います。タイムスケジュール・受賞者は、別紙参照。

■30年産について

 7月豪雨、その後の高温・乾燥などで例年以上に厳しい栽培環境でしたが、29年産に比べ着色・品質ともよく、糖度の高い「ニューピオーネ」を出荷することができました。昨年商標登録をした「天空の実り®」「美王®」のブランド名の周知や、別注対応や選果基準の平準化などメリットを活かした販売展開をすることにも成功。品質面を統一するため、部会全戸へ花穂カードを配り、切り込み具合を統一するなどの対策も好成績を収めた一因です。
 びほくのブドウ全体では、加温の「シャインマスカット」から始まり、主力の露地の「ニューピオーネ」など6月下旬以降12月まで約半年間の長期出荷体制を実現。今後は地元大学などと連携しながら、さらなる出荷期間延伸対策を模索していきます。しかし販売面では、過去最高の14億4,000万円の販売高を上げ、目標(13億8,000万円)を達成しました。