お知らせ

ニュースリリース

びほくの夏秋トマト 出番

■初出荷日 平成30年6月27日(水)

■選果場:JAびほくトマト選果場
 〒716-0302
 岡山県高梁市備中町布瀬1657-1

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 岡山県内6割のシェアを占める夏秋トマトのトップ産地、JAびほくでいよいよ夏秋トマトの出荷が始まりました。

 管内ではハウスの夏秋栽培が主力。JAのトマト部会では、「桃太郎8」を中心に栽培しています。甘味が強く酸味も適度な品種で、気温が下がる9月になると、ますます甘味を増すのが特徴。11月末までの長期出荷で、地元岡山市場を中心に京都・大阪市場へ出荷しています。

■部会概要

  • 部会名:びほく農協トマト部会/部会長:仲山潔俊部会長(なかやま・きよと
  • し)
  • 部会員数:76人/栽培面積:12.5ha
  • 30年度目標:販売数量 1,250t/販売金額 4億1,200万円/10a当たり収量11t
  • 品種:桃太郎トマト
 

■今年の生育状況

  • 初出荷日:平成30年6月27日(水)(←昨年実績、6月19日)
  • 初出荷量:40~50kg(←昨年実績、4kg)
    (要因)初出荷目前の6月中下旬、朝晩の冷え込みでトマトの生育に必要な気温が確保されず着色に影響した。
  • 出荷期間:11月末または12月初旬までの長期出荷。
  • 仕向市場:岡山・京都・大阪市場
  • 秋冬トマトと夏秋トマトの端境期出荷による単価高と、出荷期間の延伸、着果量抑制による秋の出荷量・販売高確保を狙う。

■その他

〇出荷の都合上、取材を希望される場合は次の担当者までご一報ください。

(担当者)営農生産部園芸課 トマト専任指導員
前迫 達男(まえさこ・たつお)/090-5268-5989

備中総合センター営農生産課 主任
信清 賢司(のぶきよ・けんじ)/080-2911-9818