お知らせ

ニュースリリース

JAの主要農産物を学ぼう!「桃の袋かけ体験」
~JAびほく有漢総合センター食農教育~

■主催 JAびほく有漢総合センター

■日時:平成30年6月25日(月)午前9時30分~

■場所:生産者ほ場

(留意事項)

*有漢総合センターに9時に集合していただけたら、現地までご案内します。

*写真撮影に関しては、学校側に了承を得ています。

詳しくは左のPDFをご覧ください。

 JAびほくでは、次世代を担う地域の子どもたちに、管内の基幹産業である農業に触れることで、農業を身近なものに感じ、食と農の大切さの理解醸成を図るため、各総合センター管内で食農教育を展開しています。

 今回は、JA有漢総合センターが、JAの主要農産物を知ってもらおうと、地元生産者の協力を得て、桃とブドウの袋かけ体験を行います(今回は桃の袋かけのみ)。秋には、収穫作業及びぶどう選果場を見学することで、生産から収穫、流通の流れを子どもたちに伝えます。

 地域農業や特産について学ぶ社会科の授業の一環でもあります。

■内容

  • 参加者:市立有漢西小学校3年生(8人)
  • 協力生産者名:平松知芳さん(ひらまつ・ともよし)(高梁市有漢町)

■責任者

有漢総合センター 西江正行(にしえ・まさゆき)センター長

■今後の開催日程(農産物の生育状況により前後します)

  • 桃収穫、ブドウ袋かけ体験・・・・・・・・平成30年7月20日頃(同日実施)
  • ブドウ収穫体験・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成30年9月20日頃
  • JAびほく中央ぶどう選果場見学・・・・平成30年9月25日頃