びほくの四季

 JAびほくのスタッフが撮影した、管内のすばらしい風景や素敵な方たち等を写した写真です。写真をクリックすると拡大して見ることができます。

 ぜひ、びほくの景色を楽しんで下さい。

備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)

 備中松山城(びっちゅうまつやまじょう):高梁市街地を見下ろす標高430mの臥牛山頂上付近に建つ天守は、国の重要文化財で、現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。1683(天和三)年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になっています。

大平山展望台から

 大平山(おおひらやま):吉備高原の一角に位置し、標高は約700mあります。北方(高梁市有漢町側)の展望はすばら しく、晴天の日には、大山も見ることができます

大型農道(有漢-上水田)から眺めた真庭市呰部・上水田(夏)

田園風景

草花

高梁川の夏景色

近似稲荷神社(ちかのりいなりじんじゃ)

 近似稲荷神社(ちかのりいなりじんじゃ):高梁市落合町近似にあり、寛弘元年(1004年)、花山上皇がこの地を巡幸された際に山城国紀伊群三峰の稲荷神社(伏見稲荷大社)を観請し、社号を正一位稲荷大明神とされたのに始まると言われています。毎年12月の第1日曜には霜月大祭が行われ、多くの人でにぎわいます。

本店屋上から