営農講座

トマトトマト

備中総合センター 
信清 賢司 営農担当
080-2911-9818
担当者

多量な追肥は禁物です(2013年9月)

 出荷のピークも過ぎる時期ですが、全体から見るとまだ半分も経過していません。

 8月下旬になると夜温の低下により草勢が回復し、栄養生長型の育成となります。側枝がいつまでも旺盛に伸び続ける様では後半の着果安定や果実肥大は期待できません。9月になると気温の低下に合わせて葉からの蒸散量も減少します。栄養生長から生殖生長に変える事が重要です。

追肥

 最終の追肥は摘心の1週間前が目安です。施肥量は草勢を維持する程度とし、9月以降の多量な追肥は禁物です。果実肥大を悪くし、裂果の原因にもなります。

かん水

 かん水は、夜温の低下に合わせて摘心時期に向けて徐々に減らしていきます。摘心後のかん水は昼間の蒸散を補う程度とします。養液土耕栽培の場合や草勢のコントロールが上手く生殖生長に移行できた場合は、10月中旬までかん水を続ける事ができるでしょう。

 養液土耕栽培の場合、急激に養液の施用量を減らすと葉カビ病の発生を助長しますので注意が必要です。

葉面散布

 追肥やかん水量を減らしても草勢が落ち着かない場合があります。これまでの多肥や追肥時期の遅れが原因と考えられます。草勢が落ち着くまで繰り返し葉面散布(メリット赤)を実施します。

摘心

 果実の肥大促進のために確実に摘心しましょう。摘心の時期は9月中旬が目安です。時期が遅くなれば摘心の効果でせっかく肥大させた果実を出荷する事ができなくなります。最終出荷時期を良く見据えて摘心の時期を判断しましょう。

 摘心は開花花房の上に葉を2~3枚残して行います。摘心後は葉面散布(メリット赤)やリン酸資材の施用により樹勢が落ち着いたら側枝の整理を行います。