営農講座

トマトトマト

備中総合センター 
信清 賢司 営農担当
080-2911-9818
担当者

(ミニトマト)多量な追肥は禁物です(2012年10月)

 外気温度の最低が15℃以下になれば、ビニールハウスの腰ビニールを下ろして保温します。ハモグリバエ類は、地表面や浅い地中でサナギになる場合が多いので、発生が見られた圃場では防除を徹底しましょう。

 ミニトマト栽培終了後に野菜(春菊、ほうれん草等)を作付ける場合は、前作物の残肥を考慮した施肥設計を行い、作付けをしましょう。