営農講座

春菊春菊

北房総合センター
中山 憲治 営農担当
080-2911-9821
担当者

冬季の管理と病害虫対策(2018年1月)

冬季の管理

 シュンギクは低温にも比較的強い品目ですが、耐低温性は中葉種よりも大葉種は弱いので品質保持のためにも、ハウス内の最低温度が5度以下にならないように小トンネルや内張りを設置しましょう。また夜間などは不織布などをべた掛けして保温に努め低温障害を防ぎましょう。日中は内張りカーテンを開けて採光に努めましょう。ハウス内の温度が25度以上にならないように20度を目標に換気を行ない過繁茂や軟弱徒長を防ぎましょう。

かん水及び追肥等

 かん水は晴天日の午前中に行ない地温の確保に努めましょう。追肥は摘み取り収穫後に葉色を見ながら10日に1回程度500倍の液肥をかん水時に同時施用しましょう。

今月の笑味ちゃんポイント 春菊編
主な病害虫、生理障害及び対策
(左)菌核病 (右)ハモグリバエ