ちびっこ食農活動レポート

一寸そら豆一寸そら豆

営農生産部園芸課
0866-22-4593
担当者

除草・害虫防除(2016年12月)

除草対策

 雑草が多いと減収になるため、雑草の発生が予想されるほ場は、畝間に山柴や切りワラ等を敷いて、雑草対策をしましょう。

かん水

 乾燥が続くときは、暖かい日の午前中にかん水をしてください。開花期までは1週間程度、雨がなければかん水をしてください。

 開花開始時期の3月中下旬からの乾燥は収量に大きく影響するので、かん水は重要です。

 結莢後は一斉に莢が肥大するので、この時期の乾燥は莢の品質を低下させ、シミ症や異常莢の原因となります。

害虫防除

 ソラマメの新芽にアブラムシがつくとそこからウィルスが侵入して黄化病の原因となり、生長が止まってしまいます。発芽後から春先のアブラムシ防除として薬剤は、アディオン(乳)、モスピラン(溶)、エルサン(乳)、スミチオン(乳)のローテーション防除を行い、早めのアブラムシ防除に努めてください。