営農講座

ピオーネピオーネ

成羽総合センター 
継山 仁之 営農担当
090-7379-8896
担当者

園内管理を行いましょう(2018年1月)

○せん定時期

 2月上旬~下旬までに行いましょう。遅伸びなどの充実不良樹や若木は厳寒期を過ぎた2月下旬に行いましょう。

○方法

 1芽せん定が基本です。不用意に2芽せん定を行うと2芽が早く発芽し、芽の不揃いや、芽かぎの手間が増えます。しかし、芽とび、無駄な空間などやむを得ない場合は2芽せん定で芽数を補います。

 せん定後乾燥によって必要な芽が傷まないように、残す芽の1芽先の節で切るようにしましょう。

園内の管理

 降雪による棚の倒壊被害などが出ないよう、防鳥ネットはあらかじめ除去しましょう。

土壌の乾燥防止

 晴天が続き長期間、降雨の見込まれない時は、過乾燥による根傷み防止や基肥の分解促進のためにも月に1~2回の割合でかん水しましょう。

排水対策

 近年は夏に豪雨が降ることが多くなっています。排水不良になると根傷みを引き起こします。冬季の内に排水対策をすることをおすすめします。

成木のせん定
結果枝のせん定法(岡山県果樹栽培指針)
若木のせん定 時期:2月下旬