営農講座

ピオーネピオーネ

成羽総合センター 
継山 仁之 営農担当
090-7379-8896
担当者

自家選別をしっかり行いましょう(2016年9月)

 いよいよ収穫、出荷の時期を迎えます。査定会などで着色・糖度・酸度・食味等の内容を確認しましょう。

収穫の時間帯

 収穫後の果実品質の低下を軽減するために早朝など気温の低い時間帯に収穫するように努めましょう。

内容のチェック

 着色や糖度だけで判断するのではなく、酸度、食味を十分確認し収穫を始めましょう。

GAPの取り組み

 安全・安心の取り組みとして、箱詰め等は異物(害虫類、髪の毛、たばこの灰等)の混入が無いように品物がよく見える明るい場所で行いましょう。

枝管理

 遅伸びを放任すると養分を浪費し、翌年の貯蔵養分の蓄積が不十分になったり、根の伸長や花芽分化にも影響を及ぼします。定期的に摘心や切除を行い、遅伸びを防止するよう管理をしましょう。

礼肥の施用

 礼肥は、樹勢の回復と秋根の発根を促がすことで、次年度の初期生育に必要な貯蔵養分を蓄積させるために施用します。

 施用時期は収穫が終わるのを待っていると、地温が低くなり肥料の分解が遅くなるため、9月下~10月上旬までに施用し、出来るだけ早めに吸収させましょう。

 肥料は速効性肥料を施用しチッソ成分で2~3㎏ /10aを目安に行い、施用後はかん水をして吸収を早めるようにしましょう。