営農講座

ピオーネピオーネ

成羽総合センター 
継山 仁之 営農担当
090-7379-8896
担当者

花穂の整形は3ブロックを基本に(2013年5月)

 5月に入ると新梢は盛んに生長します。新梢、花穂管理ホルモン処理と大切な作業が続きますが、管理適期を逃さないように実施していきましょう。

誘引(図2)

 誘引は生育が早く強い新梢の伸長を抑え、生育の揃いを良くし、日当たりを良くするように行います。

○誘引の時期

 最初の誘引は、全体の3~4割くらい誘引できるようになったら始めましょう。

○方法

 生育が早く強い新梢から2~3回に分けて行い、棚付けできない弱い新梢は誘引できるまで、しばらくそのままにしておきましょう。

 晴天日の日中の萎え気味の時に行うと良いです。花穂より基部の節は強くねん枝しないように注意しましょう。

花穂制限(図1)

 貯蔵養分を効率よく供給するために出来るだけ早く、1新梢1花穂に制限し、発育を促進させます。

 着房節前後の葉がしっかりと大きい方が花穂の充実や幼果の肥大が良くなります。基部の葉が小さい場合は、着房節付近の葉面積を確保するために先(第2花穂)を残したほうが良いと思います。

摘心

 摘心は、新梢の生育に使われている養分を、花穂に集中させ結実を確保するために行います。また、新梢の勢力を揃えるという目的もあります。摘心の目安は(図2)の通りです。遅れないように行いましょう。

花穂の整形(図3)

 昨年は前年の小粒小房傾向があり、全体的に切り込みが大きくなり、大房傾向となりました。花穂の切り込みは結実を確保し、房形を整えるために行います。岐肩や上部の5~6車は早めに取り除き、開花前の切り込みは早過ぎると果梗部や穂軸が伸び易い傾向にありますので、花穂が伸びてばらけ次第(開花3日前~開花始め)行うと良いでしょう。

ホルモン 処理

 6月号で記載します。