営農講座

きゅうりきゅうり

高梁総合センター 
中山 憲治 営農担当
080-2911-9671
担当者

土作りと初期管理について(2014年6月)

圃場準備

 定植の一ヶ月前までに「完熟堆肥、セルカ(苦土セルカ)、アヅミン」等の土作り資材を施用し深耕します。定植の10日前までに施肥設計例(表1)を参考にして基肥を施用しましょう。

 肥料は全層に施用し、かまぼこ状で幅150㎝の畝を立てます。かん水用チューブを植穴から10㎝程度離して設置します。地温が高くなることを防ぐ為にシルバーマルチを被覆しましょう。

 栽植密度は1000~1100/10a、畝幅150㎝、株間60~70㎝とします。2m間隔にアーチパイプまたは支柱を立て畝面から30㎝の高さからきゅうりネットを張ります。

定植

 定植適期は本葉が2~3枚の時期で老化苗を定植しないようにします。植穴には定植前日に十分かん水し、スタークル(粒)1~2g /株+オリゼメート(粒)5g /株を施用し土壌とよく混和します。苗ポットには、根鉢の崩れを防ぐ為に定植当日の朝に十分かん水を行ってください。定植は鉢土の表面が見える程度の浅植えとし、400~500倍の液肥を株元に手かん水し活着を促進させます。また、仮支柱を立て風で苗が傷まないようにしましょう。

初期管理

 定植から1週間程度は株元へ手かん水を行い根の活着を促進します。活着したらかん水は控え目にして収穫果実となる雌花が開花する頃までは根が深く張るようにしましょう。

 また畝上30㎝までの雌花と側枝は取り除きます(主枝の雌花数を10個前後に調整)。主枝は自分の目の高さあたりで摘心します。長く伸びた後に切り戻す事はやめましょう。生長点が手で摘める大きさの時に摘心します。主枝を摘心する前に腰の高さと胸の高さぐらいから力枝(遊びづる)として子枝を伸ばし勢いのある生長点を確保しておくと草勢を保つ事ができます。また力枝(遊びづる)は、その上の子枝かその下の孫枝が20~30 ㎝伸びたら摘心します。雌花の開花~収穫開始頃に追肥を始めます。また、この頃から定期的なかん水も行います。

病害虫防除

 きゅうりはべと病、カッパン病などの病気に弱いので発生前(活着後)から定期的に防除を行いましょう。また、アブラムシ、ヨトウムシ等の害虫がみられた場合は早めの防除を行いましょう。