営農講座

黒大豆黒大豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

黒大豆の梅雨に備えた初期管理(2017年7月)

中耕・培土(土寄せ)(図1)

 次の図のように土を寄せます。1回目の培土と同時に亜リン酸粒状1号を(2g~4g/株)施用すると大粒化に効果があります。また、本葉3~5枚のこの時期に葉面散布資材の『花吹雪』を散布することで花芽を充実させることができ、品質・収量の向上につながります。

図1

排水対策

 梅雨の季節には排水不良が根の酸欠を招き、根が傷むことが心配されます。地面に水が溜まらないように排水溝を適宜設けましょう。加えて、近年の気象傾向から突発的な豪雨が不測の事態を引き起こすことも予測さるので、ほ場の点検・観察はこまめに行いましょう。

雑草対策

 生育期間中の雑草防除として除草剤散布・草むしりなどで雑草を除去します。除草剤での除去する場合にはザクサ液剤の使用が効果的です。

 今回の土寄せ・排水対策・雑草対策の管理段階は、5月号で紹介した黒マルチ栽培で省力化することができます。