営農講座

黒大豆黒大豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

水分管理と病害虫予防(2016年9月)

 これからは着莢期~子実肥大期を迎え水分管理と病害虫予防がとても重要な時期です。水分が不足すると根が弱り、莢数の減少や結実不良をまねき収量を大きく左右しますので乾燥が甚だしい場合には畦間かん水します。また、台風通過後には、滞水時間が長くなりやすく根が傷みやすいので排水に努めましょう。

 病害虫の予防も、これからの時期収量・品質を左右する要因の1つで、茎疫病・ベト病・カメムシ・シンクイムシ・ハスモンヨトウ・ハダニなどあらゆる病害の発生が予測されるので早期防除に努めましょう。

防除薬剤例