営農講座

黒大豆黒大豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

収穫期がやってきます!(2015年12月)

収穫

 黒大豆は11 月下旬頃からが収穫期となり、茎葉が黄化し莢の八割程度が褐色した頃が目安となります。収穫が早すぎると、高水分によりしわ粒の発生等、品質低下の要因となり、逆に収穫が遅れると、葉が全て落葉し立毛状態が長期間続き、過乾燥等品質が損なわれる事が心配されますので適期の刈取り・収穫に努めてください。

乾燥

 乾燥は、架干し又は島立て等の自然乾燥を基本とし、全粒が黒くなるまで乾燥します。乾燥中に降雨にあたると、しわ粒・腐敗粒が増える原因になりますので、ビニール被覆等による雨除けをおすすめします。

脱粒

 脱粒作業では、損傷粒発生防止の観点から、子実が十分乾燥してから行ってください。また、脱粒機を使用される場合は、やや低速回転で行うとともに、少量ずつ機械へ投入しましょう。

選別・仕上げ乾燥

 選別は、破砕粒、虫害粒、未熟粒等を取り除きます。選別後に仕上げ乾燥を行う場合は、爪が立たない程度の硬さになるまで陰干し等し、ゆっくり乾燥を行うように心掛けましょう。