営農講座

黒大豆黒大豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

黒大豆の初期管理(2013年7月)

中耕・培土(土寄せ)

 中耕・培土をすることで雑草の抑制・倒伏防止・根の発達促進が出来ます。増収効果があるので土寄せを実施しましょう。

 第1回目は7月上中旬で、播種25~30日頃、本葉2~3葉期にかけて実施します。土寄せの目安として初生葉節まで、第2回目は7月下旬で第1回目から15~20日後の本葉5~6葉期に第1本葉節までを目安に土寄せをしましょう。(※図1参照)

雑草防除

 雑草は初期防除が肝心です。まず、播種後発芽前にトレファノサイド粒剤2.5(4~6㎏ /10a)を土壌表面散布しましょう。

 生育期間中に雑草が発生した場合は、除草剤・手取り等による雑草の除去を行いましょう。(例:バスタ液剤10a当り液剤300~500ミリリットルを水100~150リットルに希釈し散布)

※黒大豆にかからないように注意し雑草に散布しましょう。