営農講座

水稲水稲

営農生産部農産課 
大場 裕典 営農担当
080-2944-5655
担当者

水稲栽培における水管理(2017年7月)

中干し

 これからは『中干し』の時期となり、早生品種は6月下旬頃、中生品種は7月中旬頃が目安です。中干しをすることで、①無効分げつを抑制する、②根の活性化、③土を締めて収穫時の機械作業性を向上させる、などが期待できます。時期は、必要茎数(分げつ数20本程度)が確保できた頃です。中干しをする期間はほ場条件で変わりますが、通常は『足跡がつく程度~田面に小われのできる程度』です。

 その後(中干しを終えて)走水程度から徐々に湛水状態に戻していきます。

幼穂形成期~出穂期にかけての水管理

 この時期は、稲の生育期間中でも『水が必要な時期』となります。この時期に水切れになると今後の生育に著しい被害を起こすことになりますので、『水を切らさない』管理を心掛けてください。

 出穂期~開花期は浅水管理とし、その後は間断かんがいにし、落水は出穂後30~35日を目安に行いましょう。

穂肥

 7月はそろそろ『穂肥』の時期です。目的として①穂数・籾数を確保する、②出穂後の登熟を向上させる、などがあります。基本的に、一発肥料(セラコートなど)を基肥に施用しているほ場では穂肥は不要ですが、それ以外は穂肥を施用します。施用のタイミング(1回目)としては、コシヒカリなど倒れやすい品種は出穂18日前、それ以外の品種は出穂20~25日前が穂肥を施用する目安です。

 出穂時期の目安となる幼穂形成具合を確認する方法は、平均的な株の中で一番長い茎を図1のように割って調べます。また、図2の品種別の穂肥時期と幼穂長を参考に穂肥を施用してください。

 穂肥施用量については、JA栽培暦や今までの施肥量などを考慮し実施しましょう。

図1 幼穂の確かめ方
図2

ガス抜きについて

 分げつ期に、分げつが不揃い、または葉色が落ちてきたことはありませんか?その場合「肥切れだろうか?」と追肥をする前にガスが沸いてないかまず確認してみましょう。足元からブクブク泡が出てくる場合は水を落とし、ガスを抜いてやると根が再び活性化し生育が戻ります。(注:水便利が良い場合)