営農講座

水稲水稲

営農生産部農産課 
大場 裕典 営農担当
080-2944-5655
担当者

29年産米づくりに向けて(2017年3月)

堆肥施用の効果

 堆肥の施用には、以下の2点の効果があります。

①植物の養分としての効果
 主にこの効果を期待し、堆肥を施用します。堆肥の養分が植物に吸収されるまでには微生物による分解等に一定の時間が必要となるため、緩やかな肥効となります。

②土壌の物理性・化学性の改善
 堆肥を施用することで土壌が団粒構造となり、保水性が向上します。堆肥中に含まれる腐植により、肥料成分を保持する効果が期待されます。堆肥散布が可能であれば、ぜひ試してみてください。

土づくり肥料

 水稲に限らず、作物栽培の基本は土づくりです。長年にわたり土づくり資材を施用していない場合には、「とれ太郎」や「ミネラルG」等の土づくり肥料の施用をおすすめします。土づくり肥料は、秋にワラ等をすき込む際に一緒に施用する場合(秋施用)と、春先の水田耕起時の施用、また基肥として他の化成肥料と一緒に施用する場合(春施用)とがありますが、基本的にどちらでも肥効には影響ありません。しかし、追肥としての施用はできません。

種子更新をしましょう!

 稲の品種は、品種と品種の掛け合わせで育種されています。そのため、種継ぎを繰り返していると、品種の交雑等により品種の特性が十分に発揮できなくなる場合があります。その結果、品質や収量、食味の低下を招き、ひどい場合には米の格付検査に影響を及ぼす場合もあります。

種子消毒の徹底

 (表1・表2)
 種籾には、ばか苗病・いもち病・ごま葉枯病などの病原菌が付着している場合があります。また、イネシンガレセンチュウ病を引き起こすセンチュウが種籾の中に入り込んでいる場合があるので、これらの病害虫を予防するために薬剤による種子消毒を徹底してください。

表1

表2

育苗資材の消毒を!

 育苗箱や催芽器等に病原菌が付着していると、立枯病の発生が懸念されますので育苗資材の消毒を徹底してください。消毒には、「イチバン乳剤」を1000倍液で使用し、消毒後の育苗箱などは乾かしてから使用します。