営農講座

水稲水稲

営農生産部農産課 
大場 裕典 営農担当
080-2944-5655
担当者

収穫の適期が近づきました!(2016年9月)

 収穫適期の見極めは品質・収量など全てにおいて重要なポイントです。

※刈取り時期が早すぎる場合…

 充実不良(未熟粒等増加)になり、収量・品質が低下します。籾水分も高いため、乾燥に要する経費も増加します。

※刈取り時期が遅すぎる場合…

 籾の水分が低下し、胴割れ粒の発生、色沢が低下し、品質の低下を招きます。

 収穫適期を見極めるポイントとして、①青味籾率、 ②出穂後日数、 ③出穂後の積算気温等で総合的に判断します。(表1参照)

表1

〈青味籾率(あおみもみりつ)について〉

  • 1つの穂の中で、青味が残り完全に黄化していない籾の割合のこと。(不稔籾は除く)
  • 平均的な穂を2~3本目安にしましょう。

〈出穂後日数について〉

  • 出穂した日からの日数を目安にします。この場合、スタートである出穂期の正確な把握が必要です。
    ※出穂期とは…図を参照

〈出穂後の積算気温について〉

  • 出穂から毎日の平均気温を積算していくことにより目安にします。この場合も出穂期の把握が重要で、高温時は成熟期が早まる場合があるので注意が必要です。
図
今月の笑味ちゃんポイント

◆収穫後の“稲わら”で地力アップ!!
 収穫後の稲わらは(有機物として)、土づくりに有効活用できるんだ。でも水田に投入する時は、稲わらを腐熟(分解)する必要があるよ。なぜかな・・・?

答え
  1. わらが残ってしまうと、翌年の代掻きや田植えの作業性が悪くなる。
  2. 浮きわらにより、苗が倒れる。
  3. 生育初期段階で、ガス(有害)が発生し、根を痛めて根腐れが起こる。などが心配されるからなんだよ。
こんな問題を解決するための
収穫後の腐熟促進に有効な資材をご紹介!

1)石灰窒素

 石灰窒素の石灰分(アルカリ分)が有機物の繊維をほぐし、窒素は微生物が稲わらを分解する時に必要なんだ。有機物の分解で生じる有機酸を中和し、微生物が好む環境に整える働きがあるよ!
<使い方>
 稲わらと一緒にすき込んでね!
 目安の施用量→10~20kg/10a

石灰窒素

2)わらゴールド

 腐熟に有効な微生物が配合されているから、微生物と有機物の連携で稲わらの腐熟化を促進するんだ。
<使い方>
 稲わらと一緒にすき込んでね!
 目安の施用量→30~45kg/10a

わらゴールド