営農講座

水稲水稲

営農生産部農産課 
大場 裕典 営農担当
080-2944-5655
担当者

育苗にまつわるあれこれ(2016年4月)

育苗マットについて

 近年、育苗土に代わり育苗用マット(商品名:こめパワーマット)を使用して育苗をする場合も増えています。マットを使用することで苗箱の重量も約半分程度となり、保水性も高くかん水回数を削減できるなどの特徴がありますが、次の点で注意が必要です。

  • 裏表をよく確認する。
  • 播種時にはしっかりかん水する(1 枚あたり2 リットルが目安)。
  • 覆土は多めにし、根上がりを防止する。
  • 保水性が高いため、育苗期間中は節水管理し、過湿に注意する。

苗立枯れ病と蒸れ苗の症状の違い

 育苗期間中には、苗立枯れ病の心配が常につきまとうものです。苗の様子に異常がみられる場合、病原菌による苗立枯れ病の他にも、生理障害による蒸れ苗の場合があります。その違いについてまとめると、表2の通りとなります。(写真1 参照)

写真1
表2 苗立枯れ病と蒸れ苗症状の違い