営農講座

水稲水稲

営農生産部農産課 
大場 裕典 営農担当
080-2944-5655
担当者

土づくりと育苗の留意点(2013年3月)

土づくり肥料について

 水稲に限らず、作物栽培の基本は土づくりです。長年にわたり土づくり資材を施用していない場合には「とれ太郎」や「ミネラルG」等の土づくり肥料の施用をお勧めします。土づくり肥料は、秋にワラ等をすき込む際に一緒に施用する場合(秋施用)と、春先の水田耕起時の施用、また基肥として他の化成肥料と一緒に施用する場合(春施用)とがありますが、基本的にはどちらでも肥効には影響ありませんが、追肥としての施用はできません。

種子更新

 稲の品種は、複数品種の掛け合わせにより育種されています。その為、種継ぎを繰り返していると、品種の交雑等により品種の特性が十分に発揮できなくなる場合があります。その結果、品質や収量、食味の低下を招き、ひどい場合には米の格付検査時に異品種の混入を疑われる場合もあります。そのような事態を防ぐ為にも、種子更新は重要となります。

種子消毒

 種籾には、ばか苗病・いもち病・ごま葉枯病などの病原菌が付着している場合があります。また、イネシンガレセンチュウ病を引き起こすセンチュウが種籾の中に入り込んでいる場合があるので、これらの病害虫を予防する為に薬剤による種子消毒を徹底して下さい。薬剤の詳細については表1、表2を参照してください。



育苗中に発生する障害について

 苗は低温が続く場合は生育不良となりますが、高温多湿や日照不足の場合には軟弱徒長となりやすく、耐病性が弱まり、立枯れ病等にかかりやすくなります。生育に異常があれば早く対処してください。薬剤の使用について不明な場合は、各総合センター、事業所等へお尋ねください。