営農講座

白菜白菜

川上総合センター 
三宅 基文 営農担当
080-2911-9676
担当者

初期生育が大切です(2015年9月)

 白菜の育苗日数は、20日前後で本葉4~5枚の苗を定植します。

 近年は、異常気象が当たり前のようになり、適期の定植が出来づらくなってきています。ほ場準備は早めに行いましょう。

 秋冬白菜の定植は、高温乾燥が続く時期のため、活着が遅れたり初期生育が抑えられたりします。初期生育を旺盛にすることが大切で、定植後は、株元にしっかりかん水をし、活着を促します。

かん水

 定植後外葉生育期から結球初期までの乾燥は、収量低下につながるので、乾燥する場合にはかん水をしましょう。また、その後のかん水は根元の風通しが悪くなり、過湿状態となるため病気の発生原因となるので注意しましょう。

追肥・中耕・除草

 追肥を行う場合は、本葉13~14枚ごろ行います。展開葉が15~16枚になる頃から結球を開始するので、この頃に肥効が充分現れるよう追肥を行い、その後、肥料吸収を高めるためにかん水し、ほ場を乾かさないようにしましょう。同時に、根の酸素供給のため、除草をかねて中耕すると肥料効果も上がります。また、外葉が大きくなってからの中耕は、葉を痛め病気を助長するため行わないようにしましょう。

病害虫防除

 秋は、病気・虫の発生もしやすい時期となります。近年ねこぶ病の発生が良く見られます。発生した畑では薬剤の土壌混和処理を行い、その後白菜の定植をしてください。

 虫の発生にも注意を払い、定期的に防除に当たってください。