営農講座

白菜白菜

川上総合センター 
三宅 基文 営農担当
080-2911-9676
担当者

生育初期が重要(2015年8月)

 栽培の準備をしてください。

 ほ場準備は出来ましたか?定植1ヶ月前には堆肥・セルカ・石灰窒素など、全面散布を行い、定植2週間前までには、基肥を全面散布後、深耕して準備をしておきましょう。

 深耕は、過湿時を避けて行ってください。まずは、土づくりからです。

定植

 定植は本葉4~5枚の苗を植えていきます。

 高温が続く時期のため、生育が遅れたり、初期生育が抑えられたりします。初期生育を旺盛にすることが大切で、定植後は、十分にかん水し、苗がスムーズに活着するよう促し、乾燥には注意しましょう。

 近年温暖化で秋の気温が高くなってきています。播種期、定植時期を遅らせてじっくり生育させることも考えてみましょう。

 秋は、ねこぶ病の発生がよく見られます。発生した畑では薬剤の土壌混和処理を行い、さらに、抵抗性品種の植付けをお勧めします。また、連作をさけ、新しい畑に作付しましょう。さらに、虫も活動しやすい時期にもなります。7~10日ごと定期的に防除に心がけてください。

かん水と追肥

 はくさいは、水分や肥料が不足すると小玉傾向になるだけでなく、生理障害を起こしやすくなるので、生育期間を通してかん水・追肥は重要となります。

 過湿状態になると軟腐病など病気の発生原因になるので注意してください。

 雨が少なく乾燥するようであれば、かん水を行ってください。

 追肥を行う場合は、本葉13~14枚ごろ行い、同時に除草を兼ねて中耕することも肥効を高めることで効果的となります。ただし、外葉が大きくなってからの中耕は、葉を痛め病気の助長となるため行わないようにしましょう。

施肥例(秋)