営農講座

花卉花卉

営農生産部園芸課 
坂本 直営農担当
080-2944-5656

『フォックスフェイス』秋に「きつね」をつくるために大事な時期(2017年6月)

追肥

 施用例は下記の表を参考にしましょう。梅雨入り前後6月と梅雨明け後7月頃、追肥を兼ねて土寄せをしましょう。マルチ栽培の場合は不要です。

かん水・乾燥防止

 乾燥には比較的強いので加湿にならない程度に必要に応じてかん水します。夏の乾燥防止のために畝の肩から通路にかけて敷き草・堆肥マルチをしましょう。

芽かき

 6月中旬から9月上旬まで、第1側枝の3本を残し、各節から発生する側枝を取り除きます。 取り除いた位置から何度も芽が出るので、その都度切除しましょう。

施肥例

芯止め

 芯止めの時期は7月下旬頃です。果実の大きさを揃え、確実に目標段数(6~7段)を確保するため芯を止めます。その後7~8段が着果したのを確認し、分枝位置から8~9段で芯を止めましょう。

仕立て本数

 3本に仕立てます(子ギツネの場合は9本)。ピンチしなくても自然に分枝しますが、生育が旺盛な時には4~5本に分枝するので極力3本にします。