営農講座

小豆小豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

適期収穫を!!(2016年11月)

 10月下旬から小豆は収穫期を迎えます。莢の成熟はバラつきますので登熟した莢から順次摘み取ることが望ましいのですが、一斉に収穫する場合には7~8割が成熟した頃に刈り込みはさみ等で株ごと刈り取ります。乾燥したときに収穫すると莢が割れることもありますので、防ぐため早朝、夕方、曇天日を選び収穫しましょう。

乾燥、脱粒

 摘み取った莢は天日干しし、株を刈り取った場合には、架干しを行いカビ・しわの原因となる降雨を避け、水分を18~20%調整するために上部をビニールで覆いましょう。水分調整した株はスレッシャーで脱粒します。

調整、出荷

 スレッシャーで脱粒されたものをそのまま出荷して頂くこともできますが、さらに唐箕やふるいで選別し出荷して頂くことで有利販売を行っていきます。集荷の対応もしますので全量JA への出荷をよろしくお願いします。