営農講座

小豆小豆

賀陽総合センター
堀尾 正隆 営農担当
080-2928-5882
担当者

小豆のほ場準備~播種作業(2014年7月)

ほ場準備

 良質な小豆づくりの為【ほ場選び・土づくり】が重要です。連作を避け、排水の良好なほ場を選び、小豆は酸性土壌に弱いので、土壌中のPHを調整する為、苦土石灰(100~120㎏/10a)を散布し、地力を高める為に堆肥(1,000~1,500㎏ /10a)を施用し耕起します。

播種

 播種時期は、7月10~20日が目安です。病害虫による被害のない健全な種子を準備しましょう(JAにて購入できます)。播種前には種子消毒を行い、クルーザーMAXX(乾燥種子1㎏ 当り原液8ミリリットル)等を塗沫処理し乾燥させた後、播種します。条間は80 ~90㎝、株間は20~25㎝で1株に2粒播きとします。発芽率向上の為に、覆土後はしっかりと鎮圧しましょう。

 雑草対策として、トレファノサイド粒剤25(4~6㎏ / 10 a)を播種後発芽前までに土壌表面散布する事は有効な対策の一つです。