営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

収穫後期の管理(2017年10月)

 先月号を参考に収穫終了まで適宜防除し、茎葉が乾燥しないよう引き続きかん水しましょう。また追肥は9月下旬までに行い、それ以降はかん水のみで黄化に注視しましょう。

 若茎の成長を打ち切ると茎葉の生育が活発になり、葉を開いて光合成をするので、同化養分が貯蔵根に蓄えられます。茎葉は8~9割程度黄化したところを見計らって刈り取りましょう。

 秋季管理の徹底で来春の収穫に備えましょう。