営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

立茎は翌年の収穫量にも影響!(2017年5月)

立茎開始時期について

 開始時期は5月下旬から6月上旬が目安です。株の養分蓄積量、早期の黄化、落葉時期、病害虫の被害状況など前年の茎葉の状態や、秋の生育量に応じて春芽の収穫期間を定め、立茎時期を決定します。秋の生育が十分でなかったら、時期をやや早めてください。

【立茎開始の目安】
①収穫量が最高時の30%程度に低下した。
②先の曲がり、開きが多くなってきた。
③茎の曲がり、扁平の発生が多くなってきた。
④萌芽が遅い など

 また、近年の異常気象により株や根が衰弱している可能性があります。カレンダーなどに日々の出荷量を記入し、春芽の収穫量や太さをよく観察してください。立茎は早過ぎる失敗よりも遅すぎる失敗の方が影響が大きいため、夏芽だけでなく、翌年の収穫量にまで関わる大事な作業です。

立茎本数・太さ

 茎の太さは10~13mmで、開きのないまっすぐ伸びているものを選びましょう。太過ぎると過繁茂、縦割れになりやすく、後の管理が難しくなります。また細過ぎると光合成能力が不十分になる場合があり、収穫量の減少につながります。
 配置は、1株あたり4~5本を基準にします。収穫1年目の場合、お互いの茎が10~15cm離れるよう間隔を取ります。収穫2年目以降では株の生育にバラつきが目立ってくるので、畝長1mあたり8~10本を目安に選定しましょう。