営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

収穫最盛期の病害虫防除(2016年9月)

 高温乾燥でアザミウマ類、ハスモンヨトウが発生するので早期発見・防除が必要です。ハスモンヨトウの卵塊を見つけたら手で摘み取り、発生初期に重点防除を行いましょう。有効薬剤は、アファーム乳剤2000倍液、プレオフロアブル1000倍液、コテツフロアブル2000 倍液などです。

 早期茎葉の黄化は次年度の春芽の収量に影響します。斑点病、褐斑病、茎枯病の発生に注意して日々の観察を行いましょう。有効薬剤は、コサイド3000 2000倍液、アミスター20 2000倍液です。

ハスモンヨトウの卵塊
ハスモンヨトウの卵塊
写真提供:岡山県病害虫防除所