営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

立茎中の管理について(2016年6月)

立茎

 立茎開始期になりました。茎葉の状態、収穫量に応じて先月号を参考に作業を行ってください。

摘心

 立茎中の摘心作業は、早すぎないことがポイントです。茎の先端が垂れ、擬葉が開き始める頃が適期です。摘心位置は約140㎝の高さとします。低くすると側枝の数が少なくなり、横に長く伸び受光体勢が悪くなります。そのため収穫する株が白っぽくなり、品質の低下を招きます。また、風通しの悪化により株が蒸れて病害虫発生の原因にもなります。通風採光をよくするため、地際から60~70 ㎝以下の側枝は、ハサミで基から切り取り、通路にせり出した擬葉は通路向こう端が見通せるくらいに片方ずつ刈り取りましょう。

かん水

 アスパラガスの収量、品質低下は土壌水分不足と水分変動が大きな要因と考えられます。畝間かん水を含めて、夏期でも十分かん水できるように準備してください。晴天が続く場合は、チューブかん水なら毎日、畝間かん水なら週2~3日を目安に行いましょう。

追肥

 追肥型のほ場では、硫安を6~8月に10a当り20kg/回を施用します。基肥型ほ場では、LPコート30と70を利用した省力施肥で、追肥は硫安を9月中旬に10a当り20kg/回を目安にします。

梅雨時期の管理

 降雨が続き、茎枯病の発生が予想されるので、ほ場周囲の排水対策を徹底し、表1の防除例を参考に集中防除を行ってください。

表1 防除例