営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

立茎中の茎葉管理について(2015年6月)

立茎

 立茎開始時期・立茎本数・茎の太さ等は先月号を参考にして下さい。

摘心

 立茎中の摘心作業は、早すぎないことがポイントです。十分に茎が伸び、全体の擬葉が開き、先端が垂れ始める頃が敵期です。摘心位置は、140㎝の高さとします。低くすると、側枝の数が少なくなり、横に長く伸び受光体勢が悪くなります。そのため、収穫するアスパラガスが白っぽくなり、品質の低下を招きます。また、風通しの悪化により株がムレて、病害虫も発生しやすくなり、作業性も悪くなります。

 株元の枝の整理も必要です。地際から60~70㎝以下の側枝は、通風斜光をよくするため、ハサミで基から切り取りましょう。

かん水

 アスパラガスの収量、品質低下(特に穂先の開き)は、土壌水分不足と土壌水分変動が大きな要因と考えられます。畝間かん水を含めて、夏期でも十分かん水できるように準備して下さい。晴天が続く場合は、チューブかん水ならば毎日、畝間かん水であれば週2~3回を目安に行いましょう。

追肥

 追肥型のほ場では、硫安を6~8月に20㎏/回を施用します。基肥型ほ場では、LPコート30と70を利用した省力施肥で追肥する場合は、硫安を9月中旬に20㎏/回を目安にします。

病害虫防除

 立茎開始からしばらくは、薬液量も少なく労力的な負担も少ない防除を徹底して下さい。(表1の立茎中のローテーション防除例を参考にして下さい)

表1 防除例