営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

4月の管理(2014年4月)

 4月中旬頃からアスパラガスの収穫が始まります。また、新たに栽培に取り組もうと計画されている方は、遅霜の心配が無くなったら5月上旬頃、植え付けができるよう、ほ場の準備をしておきましょう。10aあたりの施肥量として、完熟堆肥10t,粒状セルカ200㎏、NKロング180を120㎏、新やさい畑40㎏を準備して下さい。

収穫について

 基本的に春芽は全て収穫します。定植2年目などの若い株ほど、早くから萌芽が始まります。しかし、この時期はまだ降霜害や低温障害の恐れがあります。これらの障害を受けると育成が停止したり、とろけて腐敗するなど商品価値が無くなります。このような若茎は速やかに取り除きましょう。極端に細いもの・曲がっているもの等も地際から切り取り、養分の消耗を防ぎましょう。

立茎開始の目安

 開始からの一定期間を目途にする。(前年秋の状態を考慮する)

2年目の株 …収穫開始日後
3年目の…収穫開始日後
4年目以降 …収穫開始日後

①一日の出荷量がピークの1/3を下回りはじめた。

②1a当たり出荷量が1㎏を切り始めた。

③L級以上の比率が半分を下回りはじめた

④穂先の締りが悪く、斜めや曲がった若茎が多くなった。

立茎の選定

 収穫する若茎の太さや品質は、立茎した親茎に似るとされています。このため、立茎する親茎は径10~13㎜程度のL~Mの秀品を選んでください。目安としまして筆ペン㎜、蛍光ペン13mm、蛍光ペン11mm、シャープペンやボールペン10mm、これ以上大きい茎は立茎しないで下さい。

 立茎本数は2~4年目は株あたり4本、5年目以降は畝の長さ1m当たり8~10本を守り立茎本数が多くなりすぎると、夏茎が出にくくなります。

*立茎するものに、目印として幅広の色輪ゴムをかけておくと収穫時に間違わないでしょう。