営農講座

アスパラアスパラ

有漢総合センター 
渡辺 嘉己 営農担当
080-2928-5881
担当者

2~3月の管理(2014年3月)

 アスパラガスは、早いと3月下旬から萌芽を始めます。それまでに畝の整備や春肥の施用、除草剤の散布や堆肥マルチと、やるべきことは沢山あります。天候の安定しない時期ですが、準備万端で萌芽を迎えられるよう計画的な作業を行いましょう。

 アスパラガスの大敵の茎枯れ病対策として、残茎の抜き取りと畝面のバーナー焼却は大切な作業です。残茎が簡単に抜けるようになったら畝整備までに随時抜き取り、ほ場の外に持ち出し処分します。抜きにくいからといって地際で切ったりすると、次年度の茎枯れ病の菌の密度が高くなる恐れがありますので、必ず抜き取りましょう。晴天が続き畝が乾いたら、暖かく風の無い日に畝面をバーナーで焼却します。残茎抜き取り前にバーナー焼却を行った場合は、株があったところを中心に2回目の畝面焼却を行うと一層効果的です。

畝の整備と春肥の施用

 地表面から、りん芽までの深さを7~10㎝になるように畝上を削ります。10a当りで、堆肥マルチ5t、苦土セルカ2号100㎏ 、硫マグまたはエコマグ40㎏ 、菜種粕200㎏ 、新やさい畑150㎏ を畝上に施用し、レーキなどで土壌とよく混ぜ畝を整形します。

堆肥マルチ

 堆肥マルチは、有機物補給による保水性の改善、雑草抑制、土壌のはね上がり抑制による茎枯れ病抑制効果が期待できます。堆肥マルチの厚みは3㎝程度とします。堆肥マルチを厚くし過ぎると、春芽の収穫が遅れ、収量が低下します。また、頭部の開きが早くなります。逆に薄くすると乾燥しやすくなり、夏芽の収量が減少します。かん水不足になりやすいほ場は、堆肥マルチをやや厚めにすると良いでしょう。

除草、排水対策

 堆肥マルチ後、雑草発生前に10a当りロロックス水和剤150~200g/70~150リットルとトレファノサイド乳剤200~300ミリリットル/100リットルを混用して散布します。

 梅雨期に備えて、ほ場の周辺に溝を作るなどの排水対策をしっかり行いましょう。